本文へスキップ

まおクラブは、亡き万桜(まお)を通じコミニティを図るサイトです。

2018年5月14日(月)
今日は万桜の七回忌。
早いものでもう6年も経ってしまった。
万桜に会えなくなって6年か・・。

月曜日にもかかわらず、たくさんの方が七回忌の法事に来てくれた。
皆さんが来てくれてた事で、心の奥にしまいこんでいた感情が込み上げてきた。
多くの方が万桜の事を忘れずにいたことは、感謝以外言葉が出ない。

万桜のお友達の「ちさとちゃん」「いりかちゃん」も来てくれた。

そういえば、いりかちゃんのお婆ちゃんが万桜の誕生日に亡くなったらしい。
その夜、いりかちゃんの夢にお婆ちゃんと万桜が出てきて、「万桜は元気だからね!」
って言ってました。と伝えてくれた。
万桜がいりかちゃんのお婆ちゃんを迎えにいったのかなぁ。
そこでメッセージを伝えたのかもね。
どこの世界でも、万桜が元気であれば、パパはそれでいい。
今は会えないけど、いつか会えるよね。

いつも手紙をくれるちさとちゃんだけど、今回も手街を頂きました。
なんか、ものすごくお姉ちゃんになっていた。


万桜、ちさとちゃんの事、見守って応援してあげて。

いつもCDを持ってきてくれる山城のおじさんからも新しいCDを頂きました。


あと、たくさんの方から多くのお花を頂きました。
ありがとうございました。


万桜、夢で会いたいな。
そして、今まで遊べなかった分、たくさん遊ぼ!!



2018年3月22日(木)
万桜、17歳の誕生日おめでとう。
やっぱり17歳の万桜の姿は想像できないけど、きっと身長も伸びていただろう。
4月から高校3年生になり、最後の高校生活を楽しんだり、受験に悩まされたり
したのかなぁ。

万桜はもう一度必ず生まれ変わってくるから、その時にまたどこかで会いたい。
最近夢に出てこなくなったけど、たまには元気な姿を見せてほしい。
毎日万桜の事を考えているし、忘れた日は一日もない、だから夢でもいいから会いたいさぁ。
万桜、大好きだよ。



2018年1月1日(月)
また、新しい年が始まった。
万桜といる時間よりいない時間の方が増えていく。
去年から少しずつ夢に出てくるようになったけど、万桜は小学6年生のままだ。
お友達は今年高校3年生、だけど万桜の高校生になった姿はやっぱり想像できないや。

去年は「パパのひとり言」をサボってしまったけど、万桜とお話しできる場所だから
今年からはちゃんとやります(笑)

万桜、今年もよろしくね。




2017年7月30日(日)
24日(月)から、埼玉県浦和にプチ転勤。
色々あり辛い転勤になってしまったけど、毎日万桜の事を思い出して頑張っているから。
たまには夢に出てきてパパを励ましてよ(笑)




2017年5月20日(土)
万桜に会いに、たくさんのお友達が来てくれた。
まほちゃん、みやびちゃん、さくらちゃん、はるなちゃん、ゆりかちゃん、あきのちゃん。
万桜がいつも一緒だったメンバーだ。

パパは皆が思い出話をしているところを、ちらっと見ただけだったけど、皆が話している横で
万桜が笑顔で聞いてる姿が見えたような気がした。
万桜も皆の話が聞けて嬉しかったんだね。

みんなこれから色んなチャレンジが始まるから、万桜も応援しなきゃね。
ホントに素敵な友達に恵まれて万桜は幸せだ。
しっかりみんなのこと見守っていこうぜ、万桜。






2017年5月14日(日)
今日は万桜の5回目の命日。
万桜と会えなくなって5年、一日たりとも万桜の事を思い出さない日はなかった。
同級生は高校2年生だけど、パパの中の万桜は小学6年生のままだ。

今日、いりかちゃんとちさとちゃんが来てくれた。
いりかちゃんが万桜とそろばん塾での話をしてくれた。
そろばん塾の屋上からとなりのビルの屋上へジャンプして遊んだ話を聞いたとき、
腰が抜けそうなくらいビックリした。
万桜がやんちゃなのは知っていたけど、ちょっとやり過ぎだ(笑)

ちさとちゃんは去年よりも大人になっていてびっくりした。
見た目もそうだけど、話し方や考え方の成長に驚いた。
ダンスが好きなちさとちゃん。
今では中学生にダンスを教えているって、凄いね万桜。
来年、留学を考えていて、色々調べているらしい。
話を聞いて、応援したくなったし、ぜひ実現してほしい。
失敗してもいい、でも後悔だけはしないで。
自分をごまかさない事が一番大事。



今年も花やCDを頂きました。
多くの人が万桜の事を気にかけている。
本当に感謝です。


PS,
スイスに留学中のゆきのねーちゃんから来た誕生日カードも追加。




2017年3月22日(水)
今日は万桜の16回目の誕生日。
万桜がいない誕生日はこれで5回目。
世の中は相変わらずだけど、万桜だけがいない。
今でも階段を上がるときに右側を歩く癖は直らない。
左側に手をつないだ万桜はいないのに。

誕生日おめでとう万桜。
パパはいつも一緒だよ。





お花とキャンディの花束と、掲示板にも誕生日のメッセージ頂きました。
みんな万桜のことは忘れていないからね。



2016年12月14日(水)
万桜、元気してる?
中々更新できなくてごめん。

早くも12月。
今年も色んな事があった。
沖縄で初めて?雪が降ったり、記録的な暑さが続いたり。
リオでオリンピックもあった。

月日は過ぎていくだけで、戻りはしない。
誰か早くタイムマシンを発明してくれ!!
万桜に会えるなら、過去に戻った分の命はくれてやる。




2016年8月28日(日)
金曜日に颯美ちゃんが訪ねて来てくれた。
せっかく来てくれたのに家には誰もいなくて・・・。
颯美ちゃんごめんなさい。



万桜も会いたかったし、パパも颯美ちゃん会いたかったな。
万桜、一緒に颯美ちゃんにお礼しよう。

颯美ちゃん、いつもありがとう!!






2016年8月17日(水)
万桜に会えなくなって今年で5回目のお盆。
世間はオリンピックで盛り上がっている。
万桜が亡くなった年もロンドンオリンピックだったが、その年のオリンピックは何も
覚えていない。

もう4年なのか、まだ4年なのか。
未だ万桜の死について何も見いだせないし、理解もできない。
このまま時間だけが過ぎていくのだろうか。

でも、また万桜に会える気がするし、なぜかそれは確信している。
それはきっとパパのお迎えのときだな。
それでもいいから早く会いたいさぁ。



2016年5月22日(日)
今日もお友達が万桜に会いにきてくれた。
「まほちゃん」、「みやびちゃん」、「さくらちゃん」、「はるなちゃん」、「ゆりかちゃん」。

万桜の大好きで大事なお友達。
毎年万桜に会いに来てくれる素敵なお友達。

道はそれぞれだけど、万桜も一緒に成長出来たら良かったのになぁ・・。

万桜は義理堅いから(笑)、いつかみんなの力になってあげるんだよ。
「言われなくても分かってるし(by万桜)」だね。









2016年5月14日(土)
万桜に会えなくなってから今日で4年目。
未だによく理解できていないパパがいる。
どこかで生きていて、いまにも「ただいま〜」って帰ってきそう。

今日は万桜の友達が来てくれた。
よく話していた「ちさとちゃん」、「莉衣ねーちゃん」、「カイちゃん」、「リンちゃん」、
そして「いりかちゃん」。
「ちさとちゃん」はダンスを頑張りながら大きな夢に向かって歩んでいるし、「莉衣ねーちゃん」、
「カイちゃん」、「リンちゃん」も目標を定めて頑張っている。
「いりかちゃん」も遠い中学校から近くの高校に帰ってきて、夢に向かって奮闘中。
みんなお姉ちゃんになっていたなぁ。
だけど、万桜のお姉ちゃん姿は想像ができないよ(笑)

パパのしゃべり方や仕草、笑い方が万桜に似てるって「莉衣ねーちゃん」、「カイちゃん」、
「リンちゃん」に言われたけど、そんなこと言われたのは初めてだな。万桜がパパを通してみんなを
見ていたから、みんながそう感じたかもしれないね、きっと。
来週もお友達が来るから、楽しみに待っていて。

言い忘れたけど、「ネコのわくわく自然教室」のHPのトップページに、今でも万桜の写真が出て
くるよ。パパの勘違いでなければ2枚。意図的に残してくれているのか分からないけど、
ネコクラブで万桜の顔が今でも見れるなんて嬉しいな。



今年も多くの方々から、たくさんのお花を頂きました。
万桜の事を覚えていてくれてありがとうございます。心から感謝しています。

万桜・・・、夢の中だけでもいいから会いに来てほしいな。






2016年3月22日(火)
万桜のお友達は4月から高校生。
いとこの晃希も高校合格したよ。高校でもハンドボールを頑張るんだって。
万桜も一緒に合格祝いをしてあげたかったなぁ。
受験という試練を乗り越え、喜びいっぱいの万桜が見たかった。

今日は万桜の15回目の誕生日。
万桜がいなくなってから4回目の誕生日だ。
万桜の15歳の姿が想像できない。パパの中での万桜は11歳のまま。

誕生日おめでとう万桜。


ゆきのねーちゃんからプレゼントもアップするね。



万桜の名前が彫り込んであるボールペン。万桜の好きな色もしっかり
分かっているね。

万桜、夢でいいからたまにはお話しがしたいな・・・。



2016年1月14日(木)
久しぶりにアウトレットに行った。
そこで万桜にそっくりな女の子と遭遇した。
背格好から4年生くらいだと思うけど、洋服の着かた、動作、しぐさ、笑い方まで
万桜にそっくり。
本当にそっくりで目を疑うほど。
胸が苦しくなりその場を離れた。

しばらくして別の場所でまた逢った。
兄弟?たちと楽しそうに遊んでる姿が万桜と重なる。

世の中には本当に似ている人がいるんだと思った。
声を掛けられなかったのを少し後悔している。
もしかしたら声もそっくりだったかもしれない。
声が聞きたい。

でもパパにとっての万桜は一人だけだから、誰も変わりはできないね。

今度また逢うことがあれば、声を聴いてみたい。




2015年12月14日(月)
会社の研修でハワイに行ってきた。
パパのハワイの印象は、万桜が好きだったスティッチの生まれた島。
フリーの時間がほとんどない中で、スティッチの姿を探したけれど、どこにもスティッチを
見つけることができなかった。
びっくりするくらい、どこにもいなかった。

ハワイのお話があったとき、行く気になれなかった。
でもスティッチの何かを持ち帰れればと思いつつ参加したけれど・・・。
パパのハワイは終わったかな(笑)

でもハワイはいい島だと思います。
万桜と行きたかったなぁ〜。



2015年11月14日(土)
今日、優ちゃんとお母さん、そして優ちゃんの妹のあやちゃんとさきちゃんが
きれいなお花を持って来てくれた。
優ちゃんとお母さんはよく万桜に会いに来てくれる。
まだ忘れずに来てくれるなんて嬉しいよね。
優ちゃんも将来を模索中だけど、万桜がちゃんと見守ってあげるんだよ。
そしていつか力になってあげて。

生きていれば万桜も中学3年生。
来年どこに受験するつもりだったのだろう。
高校受験合格という成功体験をさせてあげたかったなぁ。



2015年10月14日(木)
今日は万桜の月命日。
みんなの中に万桜が居ないことにも慣れてきた。
毎日、万桜の事を考えているし、万桜に話しかけているけど、
現実が万桜の存在を消していく。

どうしたら万桜に会えて、万桜と話ができるのだろう。
毎日、自問自答の繰り返し。
いつか答えを導きだして、万桜に会える日が来るのかなぁ。
夢でもいいから、たまにはお話がしたいな万桜。



2015年8月28日(金)
万桜が戻ってきて、すぐにいなくなったけど、今年は万桜を感じる事が
できたお盆だった。
姿も見えないしお話もできないけど、そばにいるようで嬉しかった。

今年も万桜が大好きないとこ達が集まってくれた。
万桜はちゃんとみんなに合図したかなぁ。
それぞれ何も言わないけど、みんな万桜を感じてるよね。



万桜の顔入りのTシャツ。
万桜は嫌がるかもしれないけど、みんなも万桜を感じていたいから許してね(笑)

そう言えば、ゆきの姉ちゃんが「Mao」の名前があるボトルを送れって
コカコーラの会社に手紙を出したけど断られたしたらしい。
けっこう無茶するけど、やっぱりゆきの姉ちゃんは優しいね。

お盆が終わったので、本当に万桜は帰っちゃったのかな〜。どこに???
ずっとそばにいていいんだよ。



2015年6月14日(日)
今日は万桜の月命日。
いつも年賀状をくれる颯美ちゃんが、お花を持って来てくれた。
パパも嬉しいけど、万桜はすごく嬉しいと思った。
なんて素敵な友達なんだろう。
11年間で得た友達は、みんな素敵な友達ばかりだ。


コカコーラで万桜(mao)の名前入りを集めているんだけど、いとこの晃希は見つけ出して
飲み干しているらしい(-"-)
飲まずに持って来い(笑)
みんな、なんとなく万桜を感じている事が嬉しいさぁ。


「みんなの掲示板」、パスワードがうまくいかないと皆からよく聞くんだけど、颯美ちゃんからも
同じ指摘があった。
パパの技術が未熟なために、万桜のコミニュティがうまくいってないのは反省…。
新しい「みんなの掲示板」を立ち上げてみたので、うまくいくといいなぁ〜。

今までうまくいかなかった皆様、再度チャレンジお願します(^_^;)



2015年5月17日(日)
万桜、報告が遅れました。
「みんなの掲示板」に琉央さんから熱いメッセージがありました。
琉央さんが万桜に会いに来てくれることを楽しみにしているし、パパも
琉央さんと会いたいです
紹介してね、万桜。


優ちゃんからキレイなお花頂きました。優ちゃんはいつも万桜の事を気にかけています。




そして、ちさとちゃんからのメッセージ。
ダンスの達人で、万桜がテレビ見て、「万桜の友達だよ」
って言ってたね。



万桜の名前が入ったコカコーラ。
これからも頑張って集めます(笑)


これだけ多くの出会いがあり、万桜もこれから「万桜物語」で生きていくはずだった。

万桜・・・、生まれる前に色んな選択があったと思うけど、今回の物語を選択する前に
目次は確認しなかったの・・・・

万桜・・・。



2015年5月14日(木)
万桜と会えなくなって、声が聞けなくなって3年も経ってしまった。
あまりにも突然だったことから、この3年間は夢の世界で生きているよ
うだった。
そう・・・、すべては夢、きっと目が覚めると信じてきた。
バカだよね(笑)。

最近、万桜の夢を見た。
今話題のイオンライカムに映画を見に行く約束。
ただ、この時間はパパが神様にお願いした「1日でいいからもう一度万桜に会わせてほしい」
が実現した日だった。
1日しか会えない、明日には会えなくなる万桜に対してパパはただ笑っているだけ。
何て声をかけていいのか、急に抱きしめたら万桜がびっくりするし・・・。
万桜とどのように接していいのか考えているうちに目が覚めてしまった。
1日だけは・・・、とても無理だと思った。やっぱりずっと一緒にいたいと思った。

今日は万桜の3年目の命日。
たくさんの方からお花を頂いた。
皆さんがこの日を覚えていてくれて、本当に感謝している。

万桜のお友達も来てくれた。
いりかちゃん、ちさとちゃん、いつも来てくれて本当にありがとう。
万桜は必ず遠い空から皆さんの事を見守っているからね。
きっといつか皆さんを助けてくれるからね。
いつまでも友達でいて下さいね。







2015年5月9日(土)
5月は梅雨もあるけど、GWがあったりパパの誕生日があったり、1年の中でも
好きな月だった。
でも3年前のこの日、万桜は事故に遭った。
その日から5月は1年で一番嫌いな月になってしまった。

そんな嫌いな今日、万桜のお友達とそのお母さん達が来てくれた。
ゆりかちゃん、陽菜ちゃん、雅ちゃん、真穂ちゃん、咲良ちゃんだ。
万桜の口からいつも聞いていたお友達だ。
みんな中学3年生。多分中学の中でも一番楽しく、でも受験があり、色々悩む時期。
目まぐるしい日々を送る中、万桜の事を覚えてくれてた事は本当に嬉しかった。

万桜はいい友達に恵まれて本当に良かった。
皆さん、ありがとうございました。
万桜の喜ぶ顔が見れたような気がします。







2015年3月22日(日)
万桜、14歳の誕生日おめでとう。
万桜と会えなくなって3回目の誕生日、今年も従妹達が誕生日を祝いに来てくれた。

きっと万桜が好きなプレゼントなんだろうな。
夢でいいからみんなにお礼を言わなきゃね。


万桜の事は毎日考える。
万桜は本当は生きていて、近いうちにきっと帰ってくるし、必ず会える・・・、
なんて未だひとり言を続けている。
やっぱりまだ万桜の死を受け入れられないよ。
きっと一生無理。

万桜はパパにとって、本当に大きな存在だったんだよ。
万桜と会いたいさー。会っていっぱい話がしたいさー。
暗いことばかり言ってると、きっと万桜に怒られるね(笑)

誕生日おめでとう万桜。
いつまでも一緒だからね。




2015年2月25日(水)
雅ちゃんが修学旅行のお土産をゆきの姉ちゃんに預けてくれた。
本当に万桜の友達はみんな素晴らしい子だよ。

これだけいい友達がいると、万桜も忙しくなりそうだ。
だって天国から彼女たちの事を見守り、時には手を差し伸べなきゃいけないだろうし。
「そんな事、パパに言われなくても分かってるし」
万桜に耳元で言われた気がした・・・。



2015年1月28日(水)
優ちゃんが修学旅行のお土産を持ってきてくれた。
いつも気にかけてくれて万桜も幸せだ。
きっと優ちゃんについて行って、ニコニコしながら優ちゃんを見守って
いたんだろう。
中学での修学旅行は学生生活の中で一番楽しいかもしれない。
万桜も行きたかったね。

万桜の夢は中々見ることができないが、最近夢に出てきている気がする。
出て来てるのは分かるが、それだけで内容は全く覚えてない。
万桜に触れたり話したりする唯一のチャンスなのに、覚えていないなんて・・・。
優ちゃんの夢には万桜は登場するのだろうか。
今度聞いてみよう。



2014年12月24日(水)
世間はクリスマス。
周りを見ているといつもより笑顔が多く見られた。
今年も万桜にプレゼントが出来なかったけど、夢で逢えたら嬉しいな。
サンタさん、夢で万桜に会わせてください・・・。
メリークリスマス、万桜。




2014年12月14日(日)
今日は会社の若いスタッフの結婚式に招待された。
会社からのサプライズプレゼントに沖縄のミュージシャン「HY」からのビデオメッセージ。
その後、HYが現れて演奏。
新郎新婦の驚きと感動が伝わってきて、最高のサプライズになった。

万桜が亡くなって以来、結婚式は苦手だ。
新婦を見ていると万桜の事を考えてしまい、違った意味で涙が出てしまう。
万桜の花嫁姿も見たかったし、サプライズもしたかったなぁ・・・。

今日の夕方、優ちゃんとお母さんがお花を持って訪ねて来てくれた。
いつも万桜の事を気にかけてもらい、本当に感謝でいっぱい。
優ちゃんも成長し、すっかりお姉ちゃん。
今はヤンチャらしいが、きっとすばらしい大人の女性になると確信できた。
だって、万桜の親友だもんね。
万桜もとなりでニコニコしながら優ちゃんを見てるような気がした。

優ちゃん、みんなスタートは違うしゴールも違うから、みんなと一緒である必要はないよ。
自分自身を信じ、正直に優ちゃんの道を進んでいい。でも、しばらくはお父さん・お母さんの
優ちゃんでいてあげて。
頑張れ優ちゃん!!



2014年10月13日(月)
気のせいか、今年は台風が多く感じる。
三連休の中、台風は長く沖縄に滞留し、ものすごく憂鬱な3日間だった。

そんな中、姪っ子から食事の誘いがあった。
2歳と5ヶ月の男の子がいて、食事中も走り回ったり泣いたり笑ったり、
とにかく元気な子供たちだ。

今までその子たちを避けていた。
なぜだか積極的に「抱っこ」ができなかった。

今日、そんなおじさん(おじいさん?)に2歳の子が抱っこを求めてきた。
抱っこされると同時に目の前にある食事に指を指し、「僕にも食わせろ」みたいな表情。
圧倒されながらも食事を口に運んだ。
食事を与えた瞬間、今まで避けてきた理由が分かった。

抱っこした時の体のぬくもり、食べている時の表情、おかわりをねだるしぐさ・・・、
その瞬間に万桜のぬくもり、表情、しぐさのすべてがよみがえった。
思わず泣きそうになったが、歯を食いしばった(笑)

きっと万桜を思い出すのが怖かったのかもしれない。無意識に避けていたのかもしれない・・・。
そんな中、2歳の子供の行動が万桜を感じるきっかけを与えてくれた。
今日は思わぬところで万桜に出会えた。



2014年9月21日(日)
今日は久しぶりに万桜の写真を見直した。
万桜がいない
生活に慣れたはずなのに、すごく胸が苦しくなった。

最近、「本当に万桜は存在したのだろうか、夢を見ていたのではなかろうか」と
考える事が多くなっていた。
でも、写真を見て胸が苦しくなったのは確かに万桜が存在していたから。
なんでこんな事が起こってしまったのだろう。
もうどうしようもないけど、どうしようもないけど・・・。

早く万桜に会いたい。万桜の声が聞きたい。



2014年8月17日(日)
お盆はご先祖様をお迎えする行事。
うちは、子供を迎える日・・・。

旧盆最終日のウ−クイ(送り出し)の日の出来事。
ウークイが終わった後に、万桜がまだいるような気がして外に出たら、
玄関先に万桜がいた。

「万桜、行かなくていいから戻っておいで」
「パパ、本当に戻っていいの?」
「大丈夫だよ、しばらくいてもいいから」
「やった〜、パパありがとう」

夢か幻か、ただの飲みすぎか・・・。




2014年7月21日(月)
この3連休、万桜のビデオを編集しようと思った。
でも、久しぶり万桜の姿と声を聴いたら編集するどころか
2時間見入ってしまった。
今でも理解不能で、そのビデオを万桜と一緒に見てる感じがして、一緒に笑ってた。
うまく表現ができないけど、万桜はいるんだよね、
いたんだよね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

万桜が大好きな夏休み。
いつもなら「ネコクラブ」へ参加しているはずだ。
中学2年だから、万桜の憧れの「ジュニアスタッフ」で、小学生の面倒をみてたかも
しれない。
それとも、部活動で忙しかったかな?

沖縄は夏本番。
万桜のHPを更新しようと思ったら、凄い豪雨(笑)
怠けていたから万桜が怒ったのかもしれない。

生きていたら中学2年生。
いったいどんな万桜になっていただろう。
思春期を迎え、理解のない親父と喧嘩ばかりしてたんだろうなぁ。
喧嘩ばかりでもいい・・・、一緒にいたかったなぁ。

万桜、
元気してるか?寂しくしてないか?
いつでもいいから、帰っておいで。
パパはいつでも待っているよ。



2014年5月26日(月)
三回忌が終わり、香典を整理していた時に見つけた。



あるお友達からは、「万桜の代わりに・・・」と、母の日のカーネーションをもらった。
万桜は本当にいいお友達に恵まれた。
本当にすばらしい子たちだ。

この子たちも思春期に入り、悩み事もふえてくるだろう。
同時にご両親も心配事が増えてくる時期。でも、子供の世界は子供の世界。
私達大人が入り込めない世界・・・。
子供と同じ目線で話さないと拒絶されるだけ。。
でも、子供たちの最後の砦はやっぱり親だ。
誰が認めなくても、親が認めてあげないと、このたちは行き場を失ってしまう。

「子供には子供の世界」、「大人には大人の世界」、背中合わせにあっても、
それが交わることはない。
信じて見守る事が大事。支えてあげることが大事。
一時期道を見失っても、信じてくれる人がいれば、支えがあれば必ず道に戻る。


「万桜には万桜のスタートがあり、万桜には万桜のゴールがある。だから自分が
信じた道を歩きなさい」
中学生になった時に、パパが万桜に贈るはずの言葉だった・・・。



2014年5月14日(水)
今日は万桜の三回忌。
万桜に会えなくなって、声が聞けなくなって早くも2年が過ぎてしまった。
この2年間、万桜が生きていた11年間より「万桜」とつぶやき、そして今までの
人生でついたであろう「ため息」より、多くの「ため息」をついたと思う。

先月、万桜の夢を見た。
眠っている私の横に万桜がいた。
「パパ・・・、なんでこんな事になったのか万桜は意味が分からない」
「パパも意味が分からないよ万桜。なんでこんな事になったんだろう・・・」
万桜の顔が寂しそうだったが辛い。

万桜はどういう思いで家族や友達を見てるのだろう。
寂しい思いをしてはいないだろうか・・・。
あの世があるのなら、どうか、どうか穏やかに過ごしてほしい。

今日は平日の中、多くの方が来てくれた。
お友達も来てくれた。
3回忌なのに、去年より多くのお花も頂いた。

万桜の事を覚えていてくれて本当にありがとうございました。
心より感謝しています。


でも…、本当は違う形で万桜を事を知ってもらいたかったです。





2014年5月10日(土)
数名の万桜のお友達とお母さんが訪ねて来てくれた。
万桜の事を忘れずに訪ねて来てくれるお友達。万桜は本当にいい友達に恵まれた。

これからたくさんの事を経験し成長していく子供たち。
みんな幸せになってほしい。
みんなの事は、いつも万桜が見守ってくれてるから、万桜の分まで思いっきり人生を
謳歌してほしい。
そして時々でいいから万桜の事を思い出してほしい。



2014年5月9日(金)
テレビで「母の日」商戦のニュースが流れていた。
みんな、楽しそうに「母の日」のプレゼントを買っていた。

今日は2年前に万桜が事故に遭った日。
万桜は、事故後も5日間頑張ってくれた。自分のため、家族のために・・・。
数回の心拍停止を乗り越え頑張ったのも、「母の日」を命日にしたくない万桜の
強い思いがあったのかもしれない・・・。
1年の中でも本当につらい日だ。




2014年4月13日(日)

この時期は、沖縄でいうシーミー(清明祭)の季節だ。
お墓に集まり、ご先祖様に感謝しつつ親類の絆を深める日だ。

今日は「シーミー」なので万桜のお寺に行ってきた。
でも「シーミー」はご先祖様のお墓に集う行事であり、万桜はご先祖様ではない。
まだ身近にいる娘だ・・・、いつもと違い、今日は一日中、違和感がある日だった。

夕方、万桜のいとこ達が来てくれた。
相変わらずにぎやかな子供たちで、みんな明るく振舞ってくれた。
いとこ達は中学生になり、高校生もいる。
この2年で身長も伸び、本当に成長した。
万桜をいとこ達と重ね合わせてみるが、なぜか万桜が成長した姿が想像できない。
私の中では2年前の万桜のままだ。

でも、それでいい。
万桜は、万桜。みんなの中での私の中でも。

いつもいとこ達には感謝している。
万桜も一緒に楽しんでくれていたら嬉しい。

万桜・・・、万桜は一人ぼっちじゃないからね。
いつまでもみんな一緒だよ。



2014年3月22日(土)
今日は万桜の13回目の誕生日。
万桜がいなくなって2回目の誕生日。

夕方、友達がお母さんと一緒にお花を持って来てくれた。
誕生日を覚えててくれていた・・・、嬉しかった。

夜には万桜のいとこ達が集まってくれた。
みんなで「Happy Birthday song」を歌ったが、今年も泣き出しそうで歌えなかった。

万桜はこの誕生会をどう思っているのだろう。
みんなが誕生日を忘れず集まってくれて、喜んでくれていればいいが、
自分がその場にいない事で、かえって寂しい思いをしてないだろうか・・・。

万桜が嫌でも、毎年誕生日するからね。懲りずに付き合って。

万桜、13歳の誕生日おめでとう。








2014年3月19日(水)
万桜の事故について加害者の刑が確定したと検察庁から連絡があり、今日話を聞きに行った。
加害者の刑は・・・罰金刑。
略式裁判で済まされるそうだ。
一人の命を奪った刑が略式裁判での罰金刑。
万桜の人生だけでなく、家族の夢と希望をすべて奪い去った代償がお金で解決するらしい。

2年近く加害者の刑の確定を待ち続けた。
検察の取り組みの遅さに苛立ちながら、それでもちゃんとした結果が出るのであればと待ち続けた。

万桜に何と報告すればいいのだろう・・・。



2014年1月5日(日)
今年も颯美ちゃんから万桜に年賀状が届いた。
颯美ちゃんという友人がいた事に、万桜もきっと喜んでくれてる。

颯美ちゃん、掲示板に書き込みがうまくいかなくてごめんね。
もしよければ、「みんなの掲示板」にメールもあるから、そちらから書き込みして
くれれば、掲示板に移しておきますよ。
「仲間」を大事にする颯美ちゃんは本当に素晴らしいです。
万桜も私も陰ながら颯美ちゃんを応援していきたいと思います。
今年も頑張って下さい。

このホームページを見ている皆さんが幸せになれますように・・・。


「年賀状、ありがとう」by万桜




2013年12月15日(日)
今日は高校の同級生の忘年会に参加した。
皆いいやつらで、いろいろ気遣ってくれる。
それが辛くて中々参加できなかったが、最近はなるべく参加するようにしてる。

一人の友達が「みんな腫れ物に触るようにしてるけど、俺は言いたい」と話が始まった。
ある意味嬉しかったけど、まだ万桜の事には触れてほしくない自分がいて辛かった。
いろんな葛藤の中で日々を過ごし、万桜の死を未だに受け入れられない状態の中で、
とても貴重でありがたい話だが、まだ自分には無理。
弱い人間だと思っているが、こればっかりはどうしようもない。

でも、いろんな形で気遣ったり、励ましてくれる友がいることには救われる。
自分自身で万桜の事を語れるようになったら一歩前進かもしれない。



2013年11月24日(日)
今月の月命日に優ちゃんとお母さんから花を頂いた。
月日が過ぎていく中で忘れてしまうことも多くあるというのに、万桜の
月命日を覚えてて
くれたことに感謝するとともに、覚えてくれたことに万桜が喜んでいるような気がした。
優ちゃん、優ちゃんのお母さん、ありがとうございました。


周りの時間は過ぎていくのに、万桜との時間は止まったまま。
でも万桜を感じることが出来るのであれば、それでもいい。
万桜のビデオを編集したいと思っているが、今は見ることが出来ない。
あんなに会いたい、声が聴きたいと思っているのに見ることが出来ない。
次のステップまで、まだまだ時間がかかりそうだ。

お寺の万桜の納骨堂に小さなクリスマスツリーを置いた。
万桜は喜んでくれるかなぁ。



2013年9月29日(日)
久しぶりの書き込み。
万桜の一年忌が終わってから、すべてにおいてやる気を失ってしまった。
万桜の足跡を残すHPさえ更新が出来なかった。
もちろん毎日万桜の事を考えるし、HPのギャラリーも毎日見ている。

最近、子供に関する事件・事故の報道が絶えない。
その親達が経験するこれからの心情を考えると胸が痛くなる。

日本全国で生まれる子供の数は年間117万人前後、沖縄で生まれる子供たちは1万7千人前後と
言われている。
これだけ多くの子供が誕生している中で、万桜に出会ったのは奇跡以外なにものでもない。
子供はただの授かりものではない、偶然でもない・・・、自分の子供との出会いは必然であると
最近そう感じるようになった。
多くの親は毎日の生活に追われ、その奇跡さえ感じることが出来なくなってる・・・。
私自身もそうだった。

自分の子供との出会いを感じてほしい。
奇跡に近い確率で必然的に出会ってると感じることができるはず。
今一度、感じる時間をつくってほしい・・・。

失ってからはすべてが遅い・・・。



2013年5月14日(火)
今日は万桜の一年忌。
朝の8時半から夜の10時まで150人近くの方が焼香に来てくれた。
とても長く、辛い時間だった。
時間が長いから辛いのではない、人が多く来て頂いたから辛いのでもない・・・。


この一年を振り返ると、何をやってきたのかほとんど記憶にない。
いろんな事があったはずなのに、あまり記憶に残っていない。
毎日万桜の事を考えていた。
現実と非現実の間をいつも彷徨っていた。

この世は何も変わっていない。毎日が平凡でいつも同じ事の繰り返し・・・。のはずなのに
普通の生活が突然変わってしまった。
人は「突然の変化」を、当然のように受け入れられる事が出来ないことに初めて気づいた。

「万桜は死んでいない?もしかしたらどこかで生きている?きっと長い悪い夢を見ているんだ。」
常に自己逃避を繰り返したのも、「突然の変化」を受け入れるのが怖かったのかもしれない。
だから一年忌を迎えるのが嫌だった。

一年忌は私にとって「万桜は死んだんだよ。もうこの世にはいないんだよ」と多くの人から知らされる
日。逃げ場も隠れ場もすべてを奪われ、現実を知らされる日だから・・・。

とても長く辛い時間だったけど、皆さんには本当に感謝している。
これほど多くの方が万桜の一年忌を覚えていてくれたことが嬉しかった。
「ありがとうございました」以外に言葉が出ない。

万桜の気持ちは分からないけど、皆さんから頂いたお花の中で笑う万桜の顔は嬉しそうに見えた。
皆さんには本当に感謝しています。ありがとうございました。







2013年5月9日(木)
去年の今日、万桜は交通事故に遭った。
知らせを受けた時、万桜は病気や怪我に強い子だから絶対大丈夫だと思った。
病院に行き、先生から説明を受けた時、愕然とした。
それでも死ぬなんて思いもしなかった・・・。

去年の今日に戻りたい。
去年の今日に戻って、万桜と一緒にいれたら事故が防げたのに。
去年の今日に戻って、万桜と・・・、万桜と一緒に生きていたかった。



2013年4月14日(日)
今日は万桜が亡くなってから11回目の月命日。
朝から雨が降っている。
万桜が亡くなった日、告別式、そして四十九日まで毎週雨だった事を思い出した。


去年、障害者自立支援のセミナーに参加した際、「支えの信条」に出会った。
「支えの信条」は障害者だけでなく、健常者や子供にも当てはまると思った。
万桜を一人の人間として尊重できていただろうか、親の考え方を押し付けて万桜に嫌な思いばかりを
させてしまってたのではないだろうか。


−支えの信条(一部抜粋)−

私の障害を問題としてみないでください。
障害は私の一部です。

私を欠陥人間として見ないでください。
私を異常で無力な人間として見ているのは、あなたなのです。

私の事を直そうとしないで下さい。
私は壊れてなんかいません。

支援してください。
そうすれば私なりの方法で社会に貢献できるのです。

私をあなたの患者として見ないで下さい。
私もあなたと同じ、一市民です。
あなたの隣人として見てください。
人は皆、人に支えられて生きているという事を忘れずにいて下さい。

私の行動を矯正しようとしないでください。
静かに、聴いて下さい。
あなたが不適切行動と決めつけているものは、
私にできる唯一の方法であなたに何かを伝えようとしているのかもしれません。

私の事を変えようとしないでください。
あなたにそうする権利はないのです。

私が知りたい事を学ぶ手助けをしてください。
あなたが感じている不安や迷いを、
専門家としての距離で隠さないでください。

私の声に耳を傾け、
私の“もがき”を簡単に解決できるかのように軽く受け流したりしない、
そんな人でいてください。

理論や方法論に、私を当てはめようとしないで下さい。
ただ、一緒にいてください。
そしてぶつかり合った時には
互いに自らを省みる機会としましょう。

私をコントロールしようとしないでください。
人として自分らしく生きる権利が、私にはあるのです。
あなたが不服従や操りと呼ぶ行動は、
自分の人生を自分でコントロールできる
私にとっての唯一の方法なのかもしれません。

いつも素直で従順で
礼儀正しくいる事ばかり叩き込まないでください。
自分を護るためには、嫌な時には「嫌だ。」
と言える事が必要なのです。

無理に私の友達になろうとしないで下さい。
そんな同情はいりません。

私の事をよく知ろうとして下さい。
そしたらいつか、友達になれるかも知れません。

例えそうする事があなたの気分を良くするとしても、
勝手に私を助けようとしないで下さい。
手助けが必要かどうか聴いてください。
私から、あなたが私に手を貸せる方法を教えてあげます。

私を称賛しないで下さい。
精一杯生きようとする事は、特に崇拝されるようなものではありません。

私を尊重してください。
尊重の前提には対等があるから。

指示したり、矯正したり、指導したりしないで下さい。
聴いて、支えて、後をついてきて下さい。
私は料理されるだけの鯉じゃない。

あなたと私、同じ水に棲み、共に生きたい。


私は親として、万桜のサインを見逃してしまっていた。
悔やんでも悔やみきれない。
悔やんでも、もう何もしてあげられないのだから・・・。





2013年3月22日(金)
今日は万桜の12歳の誕生日。
「亡くなった人の歳は数えるものではない」ってよく聞くけど、そんなの関係ない。

誕生日おめでとう万桜!!

いとこのみんなが「Happy Birthday song」を歌ってくれた。
一緒に歌ったけど、途中で涙が出そうになったので最後まで歌うことができなかった。


今日は、数人の友人からメールがきた。
東京から、「今日の東京は季節外れの桜が満開。万桜ちゃんの誕生日にあわせて満開になりました」。



みなさん、本当にありがとうございました。


万桜の大好きだった「ネコのわくわく自然教室」から、3月18日に素敵なプレゼントが掲示板に
届いた。
万桜の「生きた証し」を残してくれた本当に素敵なプレゼントだった。

ネコのわくわく自然教室」の事務所敷地に、子供たちがいつでも使える「万桜の湯」を
作ってくれた。
http://blog-necowaku.at.webry.info/201303/article_22.html

みなさんには感謝しても感謝しきれないくらい、万桜を大事にして頂いている。
万桜もきっと幸せだと思う。

万桜、プレゼントは渡せなかったけど12歳の誕生日おめでとう。



2013年3月17日(日)
今日は万桜の小学校の卒業式。
学校から卒業証書を授与したいと連絡があり、迷いもあったが受け取る事にした。

応接室で卒業式が終わるのを待ち、その後に校長先生と担任の先生から卒業証書を受け取った。
みんなと同じように名前を読み上げ、「万桜さん、卒業おめでとう」と校長先生・担任の先生が
拍手をしてくれた。

なんで万桜がここにいないのか?・・・、これは万桜が直接受け取るはずの「卒業証書」。
悲しさと悔しさと卒業証書を頂けた嬉しさと・・・、いろんな感情が渦巻く中、涙をこらえる
ことができなかった。


卒業生女子のご父兄からブリザードフラワーを、卒業生女子の皆さんからは写真付きの
寄せ書きを頂きました。
本当にありがとうございました。
卒業生のみなさん、これから大人になっていく過程で辛いことや悲しいことがあります。
でも、それ以上に楽しいことや嬉しいことがたくさんありますので負けずに頑張って下さい。
これから万桜の分まで一生懸命生きてください。
そして万桜の分まで、楽しいことや嬉しいことをたくさん経験してください。
万桜は皆さんのことは忘れないし、いつもでも皆さんのことを見守っています。
卒業おめでとうございます。




2013年2月14日(木)

今日は9回目の月命日、そして世間はバレンタインディ。
毎年、万桜からチョコレートをもらっていた。
誰からもらうより嬉しかった。
今年からもうもらえない。



2013年1月14日(月)
今日は8回目の月命日。

お友達から年賀状が来た。颯美ちゃん、ありがとう。
万桜はお友達の事は絶対忘れないし、いつでもみんなの事を見守ってくれてるから。
これからも万桜の分まで頑張って下さい。
万桜はいつでもここにいますから、時々会いに来て下さいね。





2013年1月13日(日)
あまりにも周囲が普通で変化がなく、万桜だけがいなくなった事が信じられない。
あまりにも現実味がなく、よく分からなくなる。
通勤で自動車道を利用するが、「このまま事故ったらどうなるのだろう。きっと目が覚めて万桜が居る普通の生活に戻るかもしれない。これは悪い夢だ…」。
万桜の死が未だに信じられないし、受け入れられない自分がいる。

昨日、教育委員会から中学への「進学通知書」が届いた。指定学校名や入学式の案内だった。
「なぜ…」悲しみが込み上げてきた。捨てようと思った。
でもしばらくは仏壇に置いておく事にした。中学に行けない万桜には何の意味もない事は分かっている。
万桜も中学生になりたかったよね…。